WD20EARS-00MVWB0

送料込み5470円だったから思わず買ってしまった(^^;
メインPCの1TB HDDと交換しよう、外してみたらWD10EADSの3プラッタ製品だったので並べてみた。
P1010974.jpg
P1010977.jpg
3プラッタ製品の作りはほとんど変化が無い。
4プラッタ製品がWD30EZRSで少しコストダウンされてたのに比べると堅実だ。
実測重量は624g、4プラッタ製品が軽くなったから差が詰まった。

ベンチとかは検索掛ければ幾らでも見られるので、ワットモニターのTAP-TST8がある事を思い出して、消費電力を測る事にした。
まず外付けクレードルをeSATA接続して、HDDを載せずにACアダプタを繋ぐ。
P1010942.jpg
この時点で消費電力1W、ACアダプタは接続するだけで電力消費するので使わない時は積極的に外すべきだ。
次に電源ONで3.1W、HDD自体の消費電力はこれを抜いた物と見なしてよいだろう、以下の計測値はクレードルの消費電力込みの値。

WD20EARS-00MVWB0 (3プラッタ):
起動時最大 15.5W
CrystalDiskMark中 8.3W~10.5W
アイドル中 8.0W
ヘッド退避後 6.2W
スタンバイ状態 4.0W (OSでHDDの電源を切る設定にした時とかの状態)

比較用にWD10EADS他も計測、

WD10EADS-00L5B1 (3プラッタ):
起動時最大 17.2W
CrystalDiskMark中 9.2W~11.5W
アイドル中 9.2W
ヘッド退避後 6.8W
スタンバイ状態 4.1W

WD30EZRS (4プラッタ):
起動時最大 18.6W
CrystalDiskMark中 10.1W~13.3W
アイドル中 10.1W
ヘッド退避後 7.8W
スタンバイ状態 4.1W

WD20EADS (4プラッタ):
起動時最大 19.0W
CrystalDiskMark中 10.2W~11.9W
アイドル中 10.5W
スタンバイ状態 4.2W

WD20EARS-00MVWB0は、同じ3プラッタのWD10EADS-00L5B1から、平均1Wぐらい消費電力が少なくなっていた。
4プラッタ製品と比べると平均2W低い。
また、4プラッタ製品同士では消費電力に有意差無し。
HDDは起動直後よりも温まってからの方が0.3~0.4Wぐらい消費電力が低くなる事も観測出来たので、わずかの差は無視していい。

う~ん、WD30EZRSの記事の時に割高でも4プラッタの物が買いだと書いたが、4プラッタ製品がコストダウンされて、3プラッタ製品が消費電力が下がって性能が上がっているのなら、前程拘らなくてよい気がした(^^;
動作音も非常に静かだし、やったら安く買える時があるので、今が買いだと思う。

追記:
静かだと思ったけど4プラッタ製品と比べるとAAM無効だとゴトゴト音が大きいです。
AAM有効でも定期的にゴトっという音がする時があります。
特に静かにしたい人は気になると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR