FC2ブログ

ASRock DeskMini 310

去年の事、ASRock DeskMini 310とIntel G5400とDDR4メモリ8GBとKingSpec NVMe SSD 512GBとCPUクーラー購入(合計5万円弱)。 
PC305529.jpg
去年10月初旬に発注したのだが、インテルCPUがその時には品薄状態になっていて、去年末になるまでパーツが集まらなかった。
SSDはメインPCに入れるつもりで去年5月に購入した物だったが、結局メインPCには1TBのNVMe SSDを入れてしまったので、余ってた物。
CPUクーラーはCPU付属品を使うつもりだったが、CPUを待ってる間にAmazonアウトレットを覗いたら見つけてしまい購入(1594円)した物。

折角なのでCPU付属クーラーと購入品のSilver Stone SST-NT09-115Xの比較。
PC305533.jpg

PC305532.jpg
ヒートシンクはCPU付属の方が大きく、ファンはSST-NT09-115Xの方が大きい。
SST-NT09-115Xのファンは92mmサイズなので、CPU付属は80mmか。
あとSST-NT09-115Xにはバックプレートが付いてて、それにネジ止めするので、よりCPUに押し付けて取り付け出来る。
あとはCPU付属のファンはボールベアリングだろうが、SST-NT09-115Xのファンはハイドロベアリングで音が静か。
でも後述するが、別にCPU付属のクーラーで十分だったと思う。

組み込み、
PC305537.jpg
非常に簡単だった。
CPUクーラーのバックプレートを付ける為に基盤を一度外す必要があったが、CPU付属クーラーだったらそれもなくなるはずだ。
この後Windows OSをインストールして出来上がり。
UEFIの設定も弄る必要が無く、こちらも今までになく簡単だった。

ECS LIVA Zと並べた所、
PC315542.jpg

PC315543.jpg
DeskMini 310を購入した理由はLIVA Zの置き換えの為だ。
Liva Zは悪くない機器なのだが、ファンレス故に熱くなる。
ガラス扉で密閉されたテレビ台の中に置いてると、CPU負荷が高くなるとずっと70度台、CPU負荷100%になるような使い方をすると、発熱の為に極端に処理が遅くなって(発熱を下げる為にダウンクロックする)、フリーズしたようになる事もある。
前に使ってたLIVAと比べても温度が高い。
あとストレージを全て外付けにして、書き込みキャッシュを有効にしてたせいだろうが、WindowsのUpdateで再起動が掛かった時に、データーがロスする事があった。
PC使ってて不満を感じるのが我慢出来ない質なので、LIVA Zを導入して1年も経たないのに、排熱能力が高くてストレージを内蔵出来る物を探して購入したという訳。
そしてDeskMini 310は期待以上の働きをしてくれた。
ファンはUEFIのサイレントモードで動かしてるが800rpm付近で張り付いたまま。
ファン音は全然聞こえない。
CPU温度は35~55度の範囲内。
元々インテルG5400が低発熱で知られたCPUなので、CPUクーラーに凝る必要はないようだ。
そして処理能力は1.7倍程度上がったので、色々な動作が速くなった。
LIVA Zに比べてサイズは大きくなったが、主に高さ方向の差なので、テレビ台の中での専有面積にはあまり違いがない。
色々満足のいく状態になったので、これで当面は交換を考えなくて良さそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR