FC2ブログ

ファットバイクのタイヤ交換

Schwalbe Jumbo Jim LiteSkin 26x4.0インチ(送料込み7961円)。
P4196596 (2)
BikeinnでSnakeSkinを購入したと思ったらLiteSkinが届いた( ̄▽ ̄;)。
そして重量が前回購入したSnakeSkinよりも30g重い(;^ω^)。
でも面倒臭いからこのまま使う事にした。

前輪には4.8インチタイヤを入れてたが、雪が無くなったので4インチと交換する事にした。
というか来年の冬は前輪4インチでいけるか試してみるつもりだ。
今回の交換には、チューブレス化した時に入れたシーラントが一冬でどの程度蒸発してるか、確認する意味もある。
前輪を外して、タイヤを踏んでリムから落とすとシーラントが漏れてきた。
P4206598.jpg
そんな気がしてたので段ボールを敷いておいて正解だった。
タイヤを完全に外してみるとシーラントはこれだけ残っていた。
P4206600.jpg
120cc入れたのだが、それよりは減ってる。
でもタイヤ内側全体がシーラントで濡れてるから、それで減ってみえるだけで、実は大して蒸発してないような気もする。
この感じなら1年ぐらいは継ぎ足しとかしないでもよさそうなのは確認出来た。

リムに付いてたシーラントを拭いた所、
P4206601.jpg
カーボンリムにもリムテープにも異変は見られない。
アルミリムだと腐食する事があるとネットで読んだ事があって少し心配だったが、ともかくこのホイールは大丈夫だ。

そして新しいタイヤを組付ける、チューブレス化の時と同じなので画像無し。
今回のタイヤは簡単に嵌められて、おやっ?と思ったらリム上げに少し苦労した。
隙間が大きいせいでコンプレッサーでも空気が漏れまくって最初上がらなかった。
手で掴んでタイヤを引っ張ってリムに上げていって、上がらなくなった所で空気を入れたら上手くいった。
LiteSkinだから嵌めが甘いのは納得出来るが、重量面でSnakeSkinとの差が無い事と合わせて考えると、SnakeSkinで作ったけど検品落ちしてLiteSkinに回された物だったりするのかもしれない。
SnakeSkinはTLRなので寸法精度の要求が厳しいはずだ。

組み付けてまずは重量測定、10.78kg。
P4206602.jpg

・・・、フェンダー外して10.49kg。
P4206604.jpg
交換前の一番軽い時と差が無いな(;^_^A。
計算してみよう、外したJumbo Jim 26x4.8インチが1230gだったので60g減。
ハンドルステムの交換で250g→278gで28g増。
ハンドルグリップを30gの物からロックオンタイプの60gの物に交換してたので30g増。
あと重量測ってないけど、ボトルケージ交換で何gか重くなってるはず。
うむ、計算してみると合ってる。
P4206605.jpg
既に軽量パーツてんこ盛りの構成なので、ちょっと気を抜くと何十グラムもリバウンドする。
それでタイヤ分が相殺されてしまった訳だ。
10.3kg台を期待してたが残念だった。
まあ購入したタイヤの重量が予想よりも90gも重かった時点でほぼ諦めてたが。

それはそれとして、外したタイヤのシーラントを高圧洗浄機で洗い流してみた。
P4206606.jpg
これは失敗だった。
シーラントはラテックスとそれが固まらないようにする為の薬品が混ざった液体だが、水で洗い流すと残ったラテックスが固まってタイヤの内側にこびりついてしまった。
正解は布切れ等で拭きとるだった。
そうすれば見た目きれいな所まで拭き取れた。
こびりついたラテックスは日焼けした皮みたいに指で取る事が出来るが、次に使う時もシーラント入れて使うだろうから放置する事にした。
シーラント入れたら溶けるだろ。

さて新しく嵌めたタイヤの内側にシーラントが行き渡るように、少し乗り回しますか。
P4206608.jpg
タイヤ幅が少し狭くなった分ちょっと走りが軽快になった気がする。
でも気のせいレベルかな。
なんだかんだで、ちょい乗りに使いたくなるぐらいの軽快さのあるバイクにはなった。

昼飯はバーガーキングでクアトロチーズワッパーのフリーセット(640円)。
P4206612 (2)
スマホアプリのクーポン最高。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR