ENERMAX EPG500AWT

HTPC機に使ってる電源はEnhance ENP-3640N
発売は5年半前、私が買ったのは多分4年前。
準ファンレス電源で70mmファンが付いているが噂では内部温度が80度に達しないと回らないらしい。
古い電源だけど効率が良く、発売後80Plus認証になった。
ワットモニターで計測した感じでも低負荷時の効率が特に良く、起動してしまえば妙に安定している良い電源だ。
ただし問題もあり、
・起動時の消費電力が低い構成だと起動しない。
・SATA電源が2つしかない。
・準ファンレスなのでエアフローを良く考えないといけない。
という訳で最近のシステムに適合しなくなってきたので交換を考えた。
色々探してみたが、静音で容量400W(VGAカードをアップグレードしても消費電力200Wにも届かないので)ぐらいとなると、ENERMAX EMD425AWT-IIしか見つからなかった。
メインPCがEMD425AWT(マイナーチェンジ前の機種)で面白みがないなと感じたが、ファン回転数が低いし、80Plus Bronze認証だし、プラグイン式でケーブルも邪魔にならないし、奥行きも短い。
これだけ条件が揃う電源は他に無いなあと思ってたら決算特価でEPG500AWTが1万円切る価格で買えたのでこれにした。
安かったから条件の合ってない所は我慢しましょう。
P1020069.jpg
なんか高級感がある外観だな(^^;
早速ファンガードは外してある。
風切り音の低減目的だ。
80Plus Gold認証で20%負荷(100W)時で88%の変換効率、50%負荷(250W)時だと91%。
つまり電源が交流から直流に変換する時に熱にして無駄にする電気が9~12%しかないという事だ。
これは可也の高効率で、例えば250Wの電気を供給してる時でも消費電力は272.5Wしかなく、電源の発熱は22.5Wしかないという事で半田鏝以下の発熱しかしてないという事になる。
さて御託はこの辺にして(笑)、実際にワットモニターTAP-TST8を使ってどのぐらい変化があったか計測してみよう。

構成(変更前):
【CPU】Core i5-2500K
【M/B】Biostar TH67XE
【RAM】IO DDR3-1333 2GB×2
【VGA】SAPPHIRE HD5450 512M DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA
【Sound】オンボード
【LAN】Intel(R) Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT
【SATA】Highpoint Rocket620
【HDD】Intel SSD 80GB / WD20EADS / WD30EZRS
【光学】なし
【電源】Enhance ENP-3640N
【FAN】KAZE-JYUNI PWM
【OS】Windows 7 Home Premium 32bit

UEFI設定、
CPU電圧 1.0V
CPU倍率 28倍固定
EnP Control Enable
Serial Port/IGD Render Standby/LAN/USB3.0/PCI/1394 Disable (使わない機能全無効化)

HD5450設定、
Core 500MHz
Mem 900MHz
※動画再生向けにクロックを変更してます。

以上の構成で、
コンセント接続(電源オフ) 0.3~0.4W
起動中最高 104W
アイドル(HDDもアイドル時) 72.2W
アイドル(HDDオフ後) 58.6W
さらにUSB機器とLANケーブルを抜く 56.7W
さらにモニターケーブルを抜く 55.0W
LAN越しに地デジ級動画フルスクリーン再生 77.8W
prime95中 107W

Rocket620の消費電力が結構高いのかな?以前測った時よりも6Wぐらい高く出てる。
HDDオフ後が1.6W差だから多分そうだろう。

電源をEPG500AWTに交換、
コンセント接続(電源オフ) 0.4W
起動中最高 99.6W
アイドル(HDDもアイドル時) 69.6W
アイドル(HDDオフ後) 57.5W
さらにUSB機器とLANケーブルを抜く 55.7W
さらにモニターケーブルを抜く 54.2W
LAN越しに地デジ級動画フルスクリーン再生 74.3W
prime95中 101W

アイドル中で約3%、prime95中では6.6%の消費電力低減を果たした。
80Plus Gold電源すげえ~。
200Wぐらいの負荷を掛ければ8%の差が出るようだ。
それはそうとPC電源は使っていくうちに劣化して段々効率が下がっていくという噂があるが、上の計測結果からはそれは見て取れなかった。
もっと劣悪な環境で酷使した電源なら差が出るのかもしれないが普通に使ってれば確認できるような劣化は無いのかもしれない。

音の方は文句無く静かで、無音と言っていい。
14cmファンが330rpmで回ってるだけなので耳を近づけても音が聞こえない。
海外のPC電源の騒音を計測をしているサイトでも抜群の静かさを示している。
私に取っては静かな事が最重要なので、この電源は素晴らしい。
もっとも電源の質という面では今一のようだ。

PC-MAX Enermax Pro87+ 500 Watt
比較用1:PC-MAX Seasonic SS-400FL Fanless(日本未発売、海外ではEPG500AWTと同価格帯、欲しい)
比較用2:PC-MAX Scythe Stronger Plug-In 500 Watt(日本では剛力3プラグイン、7000円くらい)

グラフからリップルノイズが凄く多く出ているのが判る。
販売価格に見合わない質と評価されているorz。
海外の他のレビューではもっと良い計測値が出てるが、値段に見合わないという点では同様な評価、まあ安く買ったからいいか(^^;
リップルノイズが多いとどういう影響があるかというと電源が電気と同時にノイズも流し込んできている訳だから安定性にも画にも音にも良い訳はない。
しかしこれが不思議と感知できる差がまったく無かった。
どのレビュー結果でも、メインの12Vのリップルノイズは抑えられていたので問題は無いのかもしれない。
いやその前にENP-3640Nの質も同じような物だったのかも知れない。
まあマザーボードにも平滑コンデンサが載ってるから実影響が出ない範囲のノイズという事にしておこう。

EPG500AWTは目的にほぼ合致した電源だったが、ケーブル直付け式なのでケーブルを纏めるのは難儀した。
特に面倒だったのはSATA電源とペリフェラル電源用のケーブル。
P1020068.jpg
途中まで1本になっているので邪魔になって仕方がない。
あと全てのケーブルが硬い。
でもなんとか纏めた。
PCI-Eと長すぎる24pinケーブルを裏側に、
P1020082.jpg

使わないSATA電源とペリフェラル電源ケーブルを電源横の空間に、
P1020087.jpg
配線は試行錯誤していれば段々収まりが良くなって、見通しが良くなってくる。
これはエアフローを妨げなくなるので、意味の無い事ではない。

レビューリンク:
jonnyGURU.com Reviews - Enermax Modu87+ 700W
[H]ard|OCP Enermax MODU87+ 700W Power Supply Review
HARDWAREsecrets Enermax PRO87+ 500 W Power Supply Review
ANANDTECH Enermax Gold: Modu87+ and Pro87+

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR