FC2ブログ

Antec P110 silent を加工してPT2の取り付け位置を変更

前回の記事の後、数日安定稼働してるのを確認してから、HDD取り付け位置に被ってて邪魔なPT2の取り付け方を変更する事にした。
PT2はPCIe変換カードを使って取り付けてるので、拡張スロットを3スロット分占有してる。
PB029225.jpg
PT3にしても解決する問題だが、残念な事に製造終了でとても高価になった。
それよりかはケースを加工して、空いてる空間にPT2を取り付ける方が、お金が掛からないやり方だ。
Antec P110 silentは上部の空間が広いので、ここに置く事にした。
久しぶりに金属加工をして取り付け完了。
PB039243.jpg

丁度良い具合に収まった。
PB039246.jpg

全体。
PB049250.jpg
早速左にもHDDを載せた。
これで8TBHDDが5つで合計40TBだ。
こんなに載せる必要は無いのだが、今年で消えるポイントで買う物を探した時に、HDDぐらいしか候補に挙がらなかったので買っちまった。
Windows10のOS機能で3台でRAID0(ストライピング)を組んだ。
これでシーケンシャルは500MByte/秒以上でSSD並み、フォルダサイズは24TB、費用は約4万円だ。
Window10のOS機能でRAIDを組む理由は、マザーボードを交換しても互換性が保証されてるのと、OSからのHDDの扱いに違いが無いのが理由だ(SMART値も見れるし、読み込みをしてない時はスタンバイモードに入る)。
ソフトウェア処理になるので、CPU負荷が高くなるとかいう話は、現代的なCPUではもう意味が無い。
データーはもう2台のHDDにバックアップ取ってるので、安全面も問題無い。

裏側。
PB049248.jpg
配線はまだきれいに出来そうな気がする。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR