FC2ブログ

新年恒例の買い物ネタ

家のガレージの一角。
PC219547.jpg
既にちょっと片付けた後だが、ここに母の園芸用品が置かれてる。
左はレンジ台で右はカラーボックス。
元々はダイニングとかで使われてた物だが、交換で不要になったので、ガレージに置かれた。
この前に園芸用の土の袋が積まれた上に、冬になると除雪用品が重ねて置かれてて、出入りの際避けなければいけなくてちょっと邪魔&目障りなので、去年スチールラックを購入した所から、またラックを購入して、置き換えた。
棚耐荷重120kgタイプ 90cm×45cm×180cm 5段+転倒防止ベース2個セット(12000円ぐらい)
PC229550.jpg
計算ミスで全部入らなかったが(;^_^A、スッキリはした。
右側の網はダイソーで購入した物、全部で880円。
便利に使ってくれるといいのだが。
スチールラックの評価をすると、前回の物はボルトレスで簡単に組み立てられたが、今回の物はボルト止め必要。
中段の棚は金具で簡易的に止める事も出来るが、嵌め合わせが緩いので、設営場所に置いてから、棚を乗せないとダメ。
価格が大分違うから仕方無いが、耐荷重200kgのラックの方が、物は良い。

PC019440.jpg
以前にも地下室用に除湿器を購入した話を書いたが、もう一台増やした。
前のは地下室の奥用、今度のは地下室に降りる階段室用。
階段室と言っても、棚が置ける程度の広さがある。
ここも常時湿度70~80%ぐらいあって、うっかり木製品を置いたりすると、一か月後にカビてたりする。
置いてもカビない物もあるので、思わず置いてしまう。
カビる心配なく物が置けるように除湿器を置いたが、暑い時期は2日で1.5lの水が貯まるのにはびっくりした。
この除湿器は前のと違ってずっと付けっ放しに出来る。
あと前のと同じでホースを付けて連続排水も出来る。
効率は前の物の方が良いが、手が掛からない方がメリットが大きいので、付けっ放しにする使い方なら、こちらの方がお勧めだ。

PC169526.jpg
マット無しの布団乾燥機。
北海道に戻ってから買った敷布団がヘタったので買い替えたら、寝具関係に興味が行って購入。
手軽に布団乾燥出来るのはいい。
プリセットモードがそういう設定なだけかもしれないが、終わった後でも布団は熱々にはならず、暖かいぐらいなので、ダニ対策が重要な人はマット式を購入した方が間違いないと思う。
北海道の冬は外で干せないので、さっと使えるこれがニーズに合ってる。

家のコンセント、
PB119290.jpg
家が建ってから20年以上経ってるが、コンセントプレートのプラスチックが脆くなってて、勝手に爪が折れて落ちてた所があった。
最初はカバープレートだけ交換した(110円)。
その後ネットで価格検索してみると、コンセントとカバープレートセットで250円ぐらいで売ってる。
だったら経年劣化が心配だし、コンセントごと取り換えた方がいいか。
という訳で何度かに分けて購入&交換。
PB119293 (2)
カバープレートだけ交換した所も結局丸ごと交換。
もともとはフルカラーという規格だったが、パナソニックのコスモシリーズワイド21という規格にした。
入手性が良いのと安いのと白いのが理由だ。
何か所かは2口から3口に変更した。
PB119294.jpg
2つ共刺さってて埋まってたような所だ。
5口にした所もある。
PB139297 (2)
2股と3股を使ってた所なのですっきりした。
一緒に電灯のスイッチもコスモシリーズワイド21のほたるスイッチ型に交換した。
PB139299.jpg
(交換前の画像を撮り忘れたが、コンセントと同じデザイン)
ほたるスイッチは、暗い所だとスイッチが光って位置が判るのと、光ってる方が切れてる方だと判るので便利。
交換した箇所は、コンセントが15か所、電灯スイッチが18か所だった。
交換に掛かった総額は2万1千円ぐらいだった。

上の交換をしてる最後の方でUSB充電式電動ドライバーを購入した。
PB169313.jpg
画像真ん中、画像上は比較用のベッセルのボールグリップドライバー、画像下は前から持ってたTHE HIVE POWER POCKET TOOL USB電動ドライバー
上から見た所。
PB169314.jpg
HIVEの電動ドライバーで問題になったのはトルクが強すぎる事だ。
調べてみたら4N/mあるようだ。
このせいで、コンセントとスイッチ交換中に、2回ネジを締めすぎて供回りさせた。
HIVEは電工や自作PCを弄る用にはパワーがありすぎるので、小型電動ドライバーで丁度良いのが無いかと探したら、ベッセルの電ドラボールという2018年末に出たヒット商品があった。
そして多分中身は一緒だろうと思われる製品が複数の他メーカーから出てたので、一番安かったこれにした。
手で持った所、
PB169306 (2)
重量は本体160gでドライバービット込みだと186g。
ベッセルのボールグリップドライバーが127g。
HIVEが本体240g、ドライバービット込みだと259g。
体感だとHIVEは少しズッシリしてて、胴が大分太いのでドライバーとは別の物を持ってる感じ。
ハイブロは3番とかの大きなドライバーを持ってる感じ。
電動の最大トルクが2N/mで、手締め最大トルクは10N/m。
電工用だと電動で止まるまで回せば丁度良い締め具合になる。
アマチュアが使うには、バッテリー容量やサイズも含めて最適な感じだ。
値段も手頃でヒット商品になるのは納得。
私も今後はメインはこっちで、トルクが必要な時はHIVEという形になるだろう。

追加でドライバービット類も購入した(Aliexpressで全部で1561円)。
PC249553 (2)
工具箱にあった、被ってる手締め工具は捨てた。
手回しの時代は終わった。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR