FC2ブログ

ファットバイクの12速化

上:SRAM GX Eagle Rear Derailleur(シフターとセットで12999円)
P1019600 (2)
ケージが長くなって、プーリーが大きくなって、ストッパーの位置が変わった。
意外と色々違っている。

P1019604.jpg
多分内部構造は同じ。
ステップを12段にしただけと思われる。

SRAM GX Eagle Chain(3022円)
P1019597 (2)
今まで使ってたのはKMCのチェーンなので並べて撮らなかった。
ノギスで計ってみた所、12速チェーンは0.25mm薄くなってるようだ。

左:XD 12S 9-50T スプロケット(12968円)
P1019601.jpg
12速カセットは実測重量379g。
SRAMのカセットは高価なので、他メーカー製にした。
XG-1195の実測重量が266gだったので113gの重量増。
SRAMのXG-1299のカタログ重量が355gなので、これでも超軽量の部類だ。
1~11段までは高強度鋼のインゴットからの削り出し、12段目は7075アルミで作られている。
鋼部の虹色は、クロームメッキに表面処理して付けるらしい。

11速カセットと12速カセットの厚みの比較。
P1019603.jpg
12速の方がブレード1枚分厚みが増えてる。
これだけの増加で収めてるので、各段毎の幅は減ってる。
チェーンもその分薄いという事だ。

変速回りの交換作業は、手間取る所が無かったので記事から割愛。

左:ZRACE 1x12s Chainring 32T(1547円)
右:SRAM X-Sync 2 CF Direct Mount 6mm Chainring 30T
P1019610 (2)
SRAMのチェーンリングはクランクセットに最初から付いてた物。
もっとワイドレシオにしたいと以前書いたが、この機についでに交換。

心配だったのはチェーンリングとチェーンステーの隙間。
P1019605 (2)

32Tでこのぐらい。
P1019614.jpg
ゴミが挟まる可能性を考えると、この辺が限界かな?
それを無視すれば34Tもいけそうだ。

交換終了。
P1019615 (2)
総重量は交換前10.83kgだったのが、交換後10.99kgになった。
10.44kgだったのが、あっという間に550gも増えた。

早速走ってみる。
IMG20200102111944.jpg
(50Tカセットの存在感凄いな)
雪の有る札幌の街中を走る限りは、一番重いギヤも一番軽いギヤも使わないので、12速化の恩恵は感じられなかった。
カセットの変速を促すガイドが、SRAMのカセットとは形状が全然違っていたので、変速が心配だったが、特に問題は無く変速出来た。
チェーンリングやカセット等の消耗品は、純正じゃなくても問題無いようなので、今後は積極的に使っていこう。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR