FC2ブログ

自ブログの統計 2018

人気ページランキング


順位人気ページ
119:00のニュース (北海道版)25519
219:00のニュース (北海道版) HTPC (画質音質)11323
319:00のニュース (北海道版) HTPCの高画質設定 その38242
419:00のニュース (北海道版) HTPCの高音質設定 その36663
519:00のニュース (北海道版) HTPCの高画質設定 第4版6454
619:00のニュース (北海道版) madVR (ffdshowとのリサイズ画質比較)5955
719:00のニュース (北海道版) foobar2000のSoX Resamplerの設定4875
819:00のニュース (北海道版) HTPCの高音質設定 その23980
919:00のニュース (北海道版) PC関連2828
1019:00のニュース (北海道版) foobar2000のResampler Plug-inの性能比較2199
集計対象:77915 件

この記事を書いてる時点でのアクセス数が約237500、年間で10970のアクセスがあった。
去年よりも約34%アクセス数が減った。

今年を振り返ってみると、今までになく自転車に乗らない年だった。
ロードの走行距離が多分年間で2000kmぐらい。
北海道に来てからは毎年5~6000kmぐらいのペースで走っていたから、その半分以下だ。
これは毎週土日になると必ず雨が降ったせいと、個人的な事情で9月ぐらいまでは忙しく、自転車に乗る暇がなかったせい、そして秋から登山をしていたせいだ。
登山は新しい趣味として、これからも続けて行こうと考えてる。
自転車は15年以上も続けてるので、新しい趣味が必要だと感じてた。
だからテント泊を去年から始めて、今年は登山を始めたのは自然な流れだったのだろう。
しかし夏は山の中は虫が多くて辟易するのが難点だ。
例年夏にツーリングしてるが、その時のテント泊は虫との闘いで、正直春秋にやったキャンプ程は楽しくなかった。
とはいえ仕方が無いので、春秋に登山と短期のキャンプをして、夏はツーリング、合間に自転車と考えてる。

あと今年記憶に残ってるは、やはり地震だ。
3日程停電のせいで強制的に何も出来ない日が続いたが、そんな時なので、むしろ家族との会話が増えて、協力して事に当たって、思い返してみると充実した日々だった気もしてくる。
これは勿論人間は嫌な事から先に忘れて、良かった事しか記憶に残らないせいだが、思い出とは何時もそういう物なのだろう。
そして年を取った自分は昔を懐かしく思い出すのだろう。
P9084355 (2)
(画像は9/8の夕方に撮った物、この後停電が回復した)

無意根山登山

10月20日の事、札幌市第2の高峰である無意根山に登りに行った。
(最高峰は余市岳の1488m。だが札幌側にある登山道が荒れてるという話なので、初心者の間は行かないつもり)
6:30に出発して紅葉の定山渓を通り抜け、
PA204844.jpg

9:40に国道から薄別コースに繋がる林道に入る。
PA204852.jpg
ここから5.6km未舗装路が続く。
車なら途中までは車で進む事が出来るが、第2ゲートから先は道が崩落してるので歩く事になる。
PA204856 (2)

10:40に登山口に到着。
PA204859 (2)
ここまで舗装路を40km、未舗装路を5.6km走ったので、へとへとになってしまった。
山頂で食べる予定だったおにぎりを食べてエネルギー補給する。
樽前山の登山口までの坂でも難儀したし、今回も難儀したのでやっと理解出来たが、ファットバイクは登りが苦手だ。
砂利道の登りが続くとえらく疲れる。
低ギヤ比でぐいぐい登れるのは短い坂のみでの話だ。

11:00登山開始。
道はよく整備されていて割と歩き易い。
距離も登山口から山頂まで5.2kmしかないので手頃だ。
その割には登山者が少ないのは、ここに来るまでの林道が原因だろう。
この日総勢で8人の登山者しか見なかった。

大蛇が原。
PA204885.jpg

PA204882.jpg

PA204884.jpg
高原湿地だ。
エゾマツに囲まれた湿地の風景が高山に来た感じを醸し出してる。
この標高では既に落葉が終わってるか、元々落葉樹が無いかどちらかだろう。

大蛇が原を抜けた後は山小屋を挟んで坂が急になるが、それ程難易度の高い所は無い。
PA204899.jpg
泥濘や水に足を浸ける所が多めなので、それに見合ったブーツで来る事だけが注意点か。

残り1.5km程になって山頂が見える所まで来た所で、俄かに雲が出て来たと思ったら雨が降ってきた。
PA204905.jpg
今日の天気は晴れのち曇りだったので、レインジャケットを持って来なかったのは迂闊だった。
山の天気はあてにならないから、快晴の時以外は常に持ってくるべきだ。
ウインドジャケットを着て、残り距離も短いのでこのまま登る事にする。
そうすると道の脇に雪が積もってきて、降ってる雨が霰になりだした。
PA204906.jpg
なんかやべえ所に来た感じがしてきた。
もう雪が積もって私には登れない状態になるような時期なのか。

13:20登頂、
PA204907.jpg
1464m。
しかしここからは何も見えないので、250m離れた三角点に移動する。
PA204910.jpg
晴れてれば回りの風景が一望できるらしいが、雲の中なので何も見えない。
あと風があって寒い。
早速サーモボトルを取り出して、暖かい飲み物を飲んだ。
そして持ってきた食料を食べたら直ぐに下山。
1kmも歩かないうちに雲が晴れだした。
PA204927_0.jpg
(上の画像はクリックすると大きな画像になります)
山頂よりは少し低いが、ここでも十分な景色だ。
今年の登山納めになるだろうから、それにふさわしい景色が見れて満足だ。

16:00登山口に戻って、自転車用の格好に戻って帰路に着く。
登りがきつかった分下りは楽だ。
しかし今日はファットバイクで往復90km(うち11kmは未舗装路)走って、10km登山道を歩いてというヘビーな日だったので、帰ったのは19時過ぎになった。
次の日は筋肉痛だった。

空沼岳登山

寝坊して6:45出発、登山口に掛かる橋が通れるようになったはずなので、空沼岳にリベンジしよう。
PA144734.jpg

9時頃、登山口の前にある採石場まで来たら車の列。
PA144737 (2)
多分全部登山者の車だ。

橋は歩行者のみが通れるようになっていた。
PA144739 (2)

この奥に登山口があるという事でそこまでファットバイクで進む。
PA144740 (2)

1km程で岩がごろごろした河原に出て、その奥に登山口があった。
PA144746 (2)
ファットバイクで進めるのはここまでなので、道の端に置き去りにして登山開始する事にする。
未舗装路を走るのがこの程度の距離だったらロードで来てもよかったかな?
ここまで25kmファットバイクで走る事で消費する体力と時間を考えると、採石場の前に自転車を置いて歩いて登山口まで行った方が体力も時間も掛からないかもしれない。
次来る時はそうしてみよう。

登山口の前に最初で最大の難関、沢渡りがあった。
ここの木橋が水没してて水に足を浸けないと渡れなかったので、最低ミドルカットの防水シューズで来た方が良いと思った。
今回はサロモンXA PRO 3D GTXで来たが、帰りの沢渡りで靴の中に水が入ってしまった。

その後の登山道は最初から最後まで緩やかな道だった。
PA144749.jpg
ただし倒木が多かったので、乗り越える為に軍手等があると便利だと思う。
紅葉は標高の低い所が見頃で、上の方では終わっていた。
PA144750.jpg

PA144751.jpg

足を滑らせそうな木橋。
PA144768.jpg

滝と登山者。
PA144771 (2)

目の前に開けた場所が、
PA144777 (2)

万計沼だ。
PA144779 (2)
この辺りから小雨が降ってきた。
天気予報は曇りだったが外れたようだ。
念の為レインウェアを持って来てたのに自転車に置きっぱなしにしてきたのは失敗だった。
だがこの程度なら自転車用のウェアは浴びてても平気なので、このまま進む事にする。

真簾沼。
PA144784 (2)

PA144786 (2)
天気が良い時に来たかったな~。

3時間40分歩いて登頂。
PA144790 (2)
空沼岳の登山ルートは斜度は大した事なかったが距離が長かった。
8kmぐらいあるようだ。
自分が登頂した中で次に長いのが札幌岳で5.5kmなので、大分記録更新だ。
晴れてれば山頂から札幌が一望できるらしいが、今日は真っ白なので、早々に今来た道を戻る。
PA144792 (2)

PA144801.jpg

14:30万計山荘。
PA144812.jpg
万計沼の前にある山小屋。
ここまで戻ってきた所で雨が上がり始める兆しが出てきたが、まだぽつぽつ来るので、小屋の中で休憩させて貰う事にした。
遅い昼飯。
PA144809 (2)
お湯をサーモボトルに入れてから8時間半経ってるがまだ熱い状態だった。
PA144810 (2)
この後珈琲も入れて飲んだが、少し温い出来上がりにはなったが十分だ。
今日は終日気温が低かったから、これだけ保温してくれれば性能に文句は無い。

今後のツーリングの為に買った物紹介、ショートゲイター(Aliexpressで650円)。
PA144806 (2)
芦別岳ツーリングと今年の東北ツーリングのどちらでも雨に降られたのだが、防水の靴を履いててもレインパンツの裾から落ちた雨水が靴下に沁みて、最終的に靴の中まで濡れてしまうという目にあった。
(ローカットシューズだった為です)
これを回避する方法としてショートゲイターを履いて、レインパンツの裾がゲイターの上に来るようにすればOKという事で試しに購入。
今日の雨で登山道が泥だらけだったが、ゲイターの中には泥が入っておらず、靴の中が汚れるのを防いでくれた。
今日は小雨だったので実感はなかったが、雨水も防いでくれてただろう。

エゾシカ。
PA144827.jpg

16:45登山口に戻る。
17時頃採石場から出たが、沢山あった車は1つも無くなっていた。
時間的に私が最後って事か。
北海道は冬が近づくと極端に日が短くなるので、この頃には暗くなり始めていた。
ライトを点けて走って18:40に帰宅。
ほぼ下りだったので、ファットバイクでも速く走って帰る事が出来た。

銭函天狗山登山

PA064667.jpg
テナヤブーツを買ったんじゃないのか?と突っ込みが入るかもしれないが、実はこちらの方が注文は先で、テナヤブーツはこちらが間に合わなかったので店頭で買った物だ。
ツーリングの時に持ち歩く靴は嵩張らないローカットの方が良い。
なのでツーリング時と低山はローカットのシューズにして、難易度の高い登山の時と残雪期はミドルかハイカットブーツという使い分けにするつもりだった。
今まで使ってたSOUTHFIELDのローカットシューズは普段使いに格下げするので無駄は無い。
で、ローカットも紐靴じゃないのを探して、Amazonで安くなってたXA PRO 3D GTXに決定。
レビューを読んで細身らしいので、0.5cm大きい28.5cmを選択したら、届いて履いてみると、全然細身じゃない。
感覚的には今年モデルのテナヤブーツと同じ横幅で、多分Eタイプぐらい。
Amazonはサイズ違いの返品を30日以内なら無条件で応じてくれるので、28.0cmを買い直し。
その間に週末が来たので、紅葉時期を見逃すまいともっと後で買うつもりだった、テナヤブーツを前倒しで買ったのが先週の記事という訳だ。
XA PRO 3D GTXの実測重量は左右で28.0cmで818g、28.5cmで824g。
因みにSOUTHFIELDは左右28.0cmで837gだった。
XA PRO 3D GTXは土踏まずよりも後ろにシャンクプレートが入ってる。
爪先の保護は先端のみが硬くて、少し横にずれると柔らかい。
トレランシューズに分類されてるので、歩いたり走ったりしやすくなってる。
足の防護能力が高いのが必要な時は、テナヤブーツを使えばいいから、これでいいだろう。

早速使ってみよう。
家から30㎞離れた銭函まで。
PA084681 (2)
ここに標高537mの低山がある。
一時間で登れる山という事で慣らしに丁度良い。
8:45に登山開始、最初はなだらか、すぐに小屋が現れた。
PA084689.jpg
小屋の脇にトイレと思わしき建物があり、手を洗う用と思われる水もあった。
この後道がぬかるみだす。
PA084691 (2)
XA PRO 3D GTXのGTXはゴアテックスの意味。
このぐらいの水たまりなら何て事はない。
そして急坂になってきたと思ったら、それが緩まずに頂上付近まで続いた。
PA084705 (2)

距離は短いが一気に登る疲れる山だった。
PA084708 (2)

PA084724 (2)

登頂。
PA084711 (2)
丁度一時間ぐらいだった。

景色の良い座れる所を探して休憩、今日はコーヒーを持ってきた。
PA084715.jpg

時間が何時もよりも短かったのもあり、お湯は熱々で問題なくドリップ出来た。
PA084716 (2)
美味しい。
家で飲んだ時は味がぺらっぺらの安物だと思ったが、景色の良い所で飲むとめちゃめちゃ美味しく感じる。
PA084720.jpg 
天気が良くてポカポカ暖かかったのもあり、景色を見ながら40分程まったりと過ごしてしまった。

それはそうとサロモン XA PRO 3D GTXだが、この後下りも歩いた分も合わせて感想を書くと、
PA084718.jpg
グリップ性能はSOUTHFIELDのトレッキングシューズと大差なく感じた。
耐久性を捨ててグリップに全振りしたモンベルのトレイルグリッパとは比べるべくもない。
クイックレースはリールアジャストシステムと比べても締めやすい。
左右均等に締まるので、リールアジャストシステムにありがちな少し歩いたら増し締めするという作業をあまりせずに済む。
底の硬さは必要十分という感じだ。
前側にはシャンクプレートが入ってないので、前側で石を踏むと底が歪んで足の裏にも感触が伝わる。
しかし下りは踵から先に地面に着くので、シャンクプレートが盾になって地面の状態を気にせず足を着ける。
総じてテナヤブーツ程の安心感は無いが、今までに登頂した山ぐらいならXA PRO 3D GTXで問題無く登れると感じる。
芦別岳にリベンジする時だけはテナヤブーツを持って行くだろうけど、もっと経験を積んだ後ならXA PRO 3D GTXでもいいかもしれない。

下山は45分くらい掛かった。
昼飯は春別でつぶ昆そば(1100円)と小天丼(500円)を食べた。
PA084729.jpg
つぶ昆そばは思った通り、温そばの方が美味しい。
小天丼は普通サイズで通る量。
お腹一杯になった。

手稲山登山

モンベル テナヤブーツ(23760円)
PA044554.jpg
何度か登山をしてみて判ったのだが、私が使ってたトレッキングシューズは実際には遊歩道を歩く程度を想定した物で、本格的に山を歩くには向いてない。
靴底にシャンクプレートが入っておらず、爪先も柔らかい。
シャンクプレートは硬い薄い板で、石を踏んだ時等に靴底が歪むのを防いで、足裏が痛くなったり足を捻ったりするリスクを減らす為の物。
爪先が柔らかいと石を蹴った時に痛いので、本格的な登山靴をこれを防ぐ為に爪先が硬く作られてる。
あと本格的な登山靴程アッパーが破れないように丈夫に作られている。
それらの差で本格的な登山靴は重くなり、底が撓まないので、舗装路では歩き辛くなる。
今まで使ってたトレッキングシューズでは下山時には足が痛くなってるので、それを庇う為に歩く速度が遅くなり、下山時間が登頂時間と同じぐらいになってしまっていた。
他の人が早足で下山してるのを見て、何であんな風に歩けるのだろう?と不思議に感じてたが、色々調べて靴の差だという結論に至った。
で、本格的なトレッキングシューズを買おうとして色々見て回ったが、紐靴が嫌いなのでテナヤブーツかマリポーサトレールMidが候補になった(モンベル以外でミッドカットかハイカットで紐靴では無い物は見つからなかった)。
そして履き比べしてみたが、去年までのモンベルブーツは足型があんまり合っておらず、0.5cm大き目にしないと横が窮屈だったが、今年のモンベルブーツから足型が変わって本来のサイズでピッタリになった事、今年はマリポーサトレールMidが廃盤になった事、テナヤブーツが去年のモデルと比べて100g近く軽量化してて去年のマリポーサトレールMidと同じくらいの重量になった事等から、今年モデルのテナヤブーツ28.0cmにした。
実測重量左右で1303g。
ハイカットブーツでこの重量は軽量な部類だ。
履いても軽く感じる。
早速この靴を試してみよう。

手稲山。
PA064567.jpg
家から登山口まで25㎞あった。
だが登山口まで舗装路なので、ロードで来れたので大変ではなかった。
平和の滝ルートにしたが、道は広くなだらか、入り口の看板も登山道ではなく自然歩道と書いてあったが納得だ。
PA064574.jpg

新品の靴の慣らしに丁度良い。
PA064584 (2)
テナヤブーツはとにかくグリップがいい。
商品説明でもそれを売りにしてるが、濡れた岩でもきちんとグリップする。
前のブーツだと滑っても大丈夫なように、トレッキングポールを突いてから登ってたような所でも、両足だけで踏ん張って登っていける。
石を踏んでも底が撓まないので、下を見ずにラフに歩いても怖くない。
ゴアテックスで覆われてて、足首ぐらいまで水に浸けても大丈夫なので、多少の水が有っても迂回せずに進める。
成程これなら登山時の疲労にだいぶん差が出る。
底が硬い靴になる程歩き辛くて、初心者向けでは無いとネットには書いてあったが、サイクリングシューズで底が硬い靴で歩くのは慣れてるので、これはまったく問題が無かった。
なんだったら冬に履いてるノースウェーブのサイクリングブーツの方が底が硬い。

布敷の滝
PA064592.jpg
ここを過ぎた辺りから道が険しくなりだす。
岩場になって急になり、トレッキングポールを取り出して進む。
そして開けたガレ場に出た。

PA064601.jpg

PA064610.jpg
トレッキングポールを畳んで手で岩を掴んでよじ登っていった。
涼しい時期なのに、額から汗を掻く程の運動量だ。
PA064615.jpg

ガレ場を抜けた後も暫く急な岩場が続いて、その後に開けた所に出た。
PA064618.jpg 

PA064644 (2)
980は多分標高、天使っぽいレリーフが一緒に飾ってあるが、詳細不明。
そこから少し歩いて頂上。
PA064624.jpg
標高は1023m。
標高1293mの札幌岳よりも大分大変だった。
登頂に掛かった時間は2時間半で、札幌岳よりも10分少ないだけだった。

頂上からは石狩湾が一望できる。
PA064622.jpg

さて昼飯にするか。
PA064628.jpg

ここで登山の為に買った物第二弾、モンベル アルパインサーモボトル 0.5L (3780円)。
PA074672.jpg

PA074673.jpg
右は比較用の前回の登山までで使ってた、家に前からあったサーモボトル0.5L。
これは10年以上使ってるワンタッチでお湯が注げるタイプ(今売ってる物とはワンタッチ機構が違う)。
これでも保温能力は十分にあったが、本体実測重量が351gで重めなのと、蓋をカップ替わりに使ってみたら凄くゴム臭かったのと、アウトドア向け製品の性能を体感してみたかったので、新規購入した。
モンベルのボトルの実測重量は261g。
底の滑り止めのシリコンゴムを外すと248g。
(シリコンゴムは地面に置いたらゴミがいっぱい張り付いたし、洗った後に内側に水が溜まって不衛生だったので、今後は外して使う事にした。)
さらに保温性能が犠牲になるが、蓋も外すと201gまで軽くできる。
カップは使い捨てでいいなら紙カップをもって行けばいい。
もしくはアウトドアやってる人ならシェラカップでも携帯マグカップでも持ってるはずだからそれを使えばいい。
蓋は容量160mlぐらいで、ねじ切りがあって、カップとしては今一使いづらいのでその方が使い勝手はいい。
お湯を注いだ所、
PA064630.jpg
お湯を注ぐ時に湯気が立った。
今回はスープパスタを持ってきたが、これが蓋を開けたままかき混ぜて3分待つタイプで、これじゃあどうしても冷めてしまうので、あんまりサーモボトルの比較にはならなかった。
この後スティックコーヒーも持ってきてたので、それにお湯を注いで飲んだみた所、コーヒーとして適温の熱さになった。
この時点でボトルに熱湯を入れてから約5時間、今までのだと6~7時間後だったから、これも公平な比較にはならないな( ̄▽ ̄;)。
だが取り敢えず保温性能が今まで使ってたボトルよりも低いという事はないので一安心。

さて下山、紅葉がきれいだ。
PA064648 (2)

PA064649 (2)
下の方まで来て道が緩やかになってからは、スタスタと早足で歩いた。
テナヤブーツの防護能力が高いので、足の裏がまったく痛くない。
買って良かった。

1時間50分後登山口に戻ってきて、平和の滝。
PA064656.jpg
まだ歩けそうだ。
今日の装備なら芦別岳リベンジ出来るかな?
やるとしても来年だな。

帰り道の途中で昼飯、翠明庵で鴨せいろ(1500円)
PA064661 (2)
十割そばに青森産の本鴨、値段に見合った物だと思うが、正直自宅近くの花月で食べた鴨せいろの方が美味しかった。

札幌岳登山

トレッキングポールを購入した(Aliexpressで4038円)。
P9284445.jpg
今までの登山でバランスを崩して転びかけた事や下りで危なっかしく感じた事が何度もあり、試しに使ってみるべきだと感じたので、まずは安い物を購入。
実測重量はバスケットも石突の保護カバーも無い状態で2本で489g。
折り畳み式で、スピードライト16に入るサイズなので持ち運びは問題ない。
P9284448 (2)
高価な製品にはフルカーボンで2本で400g以下という物もあるが、それはトレッキングポールがどれだけ有用か判ってから考えればいい。

朝5時に出発。
定山渓のコンビニで朝飯と昼飯を買って、豊平峡ダムの手前にある札幌岳登山口に7:45頃到着。
P9294451.jpg

今回は舗装路しか走らない事がわかってたのでロードバイクで来た。
P9294449.jpg
ロードは流石に楽だ。
空沼岳登山口までファットバイクで行った時はまあまあ体力を削られた(笑)。

8時頃登山開始。
P9294463.jpg
最初のうちは川沿いに道が付いてて、道が広く斜度は緩やかなので、歩きやすくて景色もいい。
冷水小屋。
P9294483.jpg

名前の由来の水場。
P9294485.jpg
昔は飲めたらしいが、今では飲めるか不明。
手をつけたらとっても冷たかった。

P9294484.jpg

冷水小屋を越えた所から道が険しくなる。
この辺からトレッキングポールを使い始めたが、なるほど登りが楽だ。
段差でポールを少し高い所に突いて、それを支えにして体を引っ張り上げる事が出来るので、バランスを崩す心配も無いし楽に登れる。
なだらかな登りでは必要とは感じないけど、足腰が弱い人だと転ぶ心配が無くなるのと腕の力で推進力を増せるので、あるといいのかな?

冷水小屋を越えてからしばらく急な登りが続いたが、ある所からなだらかな道になった。
その辺から紅葉しだして景色が良くなってきた。
P9294488.jpg

P9294491.jpg

P9294492.jpg

P9294494.jpg
景色が良いと疲れも吹っ飛ぶ。
夏山とか蚊が多いし登山するなら紅葉の秋か残雪の春だな。

この後結局最後までなだらかなまま登頂。
P9294500.jpg

羊蹄山が見える。
P9294504.jpg

さて昼飯にするか。
P9294506.jpg

今回もサーモボトルにお湯を入れて持ってきたのでカップラーメン。
P9294508.jpg
美味い。
でも朝方12度位で可也寒かったせいで前回よりも温いな。
藻岩山に登った次の週の話だけど、気温が先週よりも4度低く、これだけで涼しい→寒いに体感が変わる。

頂上で30分ぐらい長居してから下山。
P9294510.jpg
下りの険しい所ではトレッキングポールが大いに役に立った。
今まで手をついたり木の枝を持ったりして降りてた所が、トレッキングポールを支えに降りられるので楽だし安全だ。
非常に有用だと判ったので、今後は登山の度に持っていこう。

14時登山口に戻る。
定山渓で温泉に入ろうかとも思ったが、それよりも腹が減った。
真駒内の前から入ろうと思ってた店に行くか。

P9294528.jpg

P9294532.jpg
札幌ラーメンの有名店の1つ。
何年か前に本店がここに移転した。
支笏湖からの帰り道なので前から目に入ってたのだが、昼飯のタイミングで通りがかる事が無かったので食べてなかった。
カウンターや各テーブルには無料のゆで卵。
P9294534.jpg

早速1つ。
P9294536.jpg

味噌ラーメン(780円)
P9294537 (2)

焦がし醤油の豚炒飯(650円)
P9294539 (2)
しまった頼み過ぎた(;^ω^)。
胃腸の治療中で暴飲暴食は控えるように言われてたの忘れてた。
まあいいや腹減ってるし。
味噌ラーメンは昔ながらの味の濃い味噌ラーメン。
有名店だけあって文句無く美味しい。
結構塩分が多いと思うが、これ単品で食べると丁度良く感じるギリギリの所で納めてる。
チャーハンも美味しいが、こちらも味が濃いので、味噌ラーメンと一緒に食べると味が濃すぎると感じる。
多分こちらも単品で食べると丁度良いのだろう。
どちらもボリュームがあるので、両方頼んだのが基本的に間違いという事だ。

食べた後は家路の途中にあった、たまゆらの灯(入浴料550円)で汗を流してから帰宅した。
P9294540.jpg

藻岩山登山

紅葉のシーズンなので山に登るか。
登山用に購入した新アイテム、ハイドレーション(1128円)。
P9234376 (2)
2lタイプ。
何時も使ってるDeuter スピードライト15は公式にはこれが対応最大サイズだ。
実際に装着してみると下の方にまだ空間があるので、3lも行けるかもしれない。

朝5:30に家を出発、
P9234381.jpg

途中コンビニで食料を買い込む。
P9234383 (2)
今回はファットバイクで来た。
8時頃に空沼岳の登山口に繋がる道に入る。
P9234388 (2)
採石場の奥にあり、未舗装路を結構走るという事なので、今回はファットバイクにしたのだ。
このまま突き当りまで走ったが登山口は無かった。
戻る時に人が居たので登山口への行き方を聞いて、その場所に行ってみるとこうなってた。
P9234389.jpg
登山口に入る橋が工事中で渡れなくなっていた。
10/10まで工事予定になってる(この時は9月末)、川を渡れないか降りて見てみると結構流れが速い。
昨日雨が降ったから水嵩もある。
上流を見てみると岩が出てる所があって、岩伝いにジャンプすれば行けるかもと思った。
P9234394.jpg
近づいて確認してみたが、足を川に着けずに渡れる自信は無い間隔だ。
結局そこまでしてここで登山しなくてもいいかと思ったので、スマホで札幌市内の登山出来る所を探して、藻岩山を登る事にした。
P9234401 (2)
標高531m、片道2.9kmの初心者向けの山だ。
小学生の時に登った事がある。
他にもいい山があるだろうと突っ込まれるかもしれないが、ファットバイクで長距離走るのは疲れるので(家から空沼岳登山口まで25km既に走ってる)、帰り道の途中にある丁度良い所という事でここに決めた。
早速登山開始。
P9234403.jpg

道は幅が広くて整備されてて、登山道というよりも遊歩道と言った方がいい位の長閑な道だ。
P9234405.jpg

普段着みたいな恰好で歩いてる人も沢山居る。
P9234408.jpg
それはそうと上の方で出てきたハイドレーションだが、水分補給に実に有用だというのが良く判った。
手軽に少量ずつ水が飲めるので喉も乾かないし適切な量の補給も出来る。
ただ残りの量が判らないので、ペース配分が出来ないという問題はある。

多分1時間半ぐらいで登頂。
P9234419.jpg

藻岩山の頂上には展望台があり、そこから札幌市内が一望できる。
P9234422.jpg

いい天気だ。
P9234423.jpg

アウトドアは天気の良い日にやるに限る。
P9234424.jpg

さて昼飯にしよう。
本当は空沼岳の頂上で食べようと思って、お湯とカップラーメンを持ってきた。
P9234427.jpg

P9234429.jpg

7時間ぐらい経ってたがお湯は熱く、ちょい長めの4分待って食べたら、ちゃんと食べられるカップラーメンが出来てた。
P9234431.jpg
山の上で食べる暖かい食べ物は美味い。
なるほどそれで皆バーナーとか持ってきてる訳だ。

昼飯を食べて暫くしてから下山。
道は緩やかで危険は無いのでスタスタ早歩きして1時間ぐらい。
さて帰るか。
そして今日の運動量に対して食べた量が足りてないので、途中でちゃんとした昼飯を食べよう。

ふしみグリエ
P9234432.jpg

グリーンペッパーとフォンドヴォーソースのハンバーグセット(1980円)にした。
スープ
P9234437 (2)

サラダ
P9234438.jpg

ハンバーグ
P9234440.jpg
牛肉は白老牛だそうだ。
だとすると値段は妥当、味はグリーンペッパーが効いててせっかくの良い牛肉の味が今一つ判らないので、選択に失敗した。
デザート
P9234441.jpg
これにコーヒーで終了。
ハンバーグの味を確かめにもう一回ぐらい来たい店だ。

家に帰った時はまだ夕方ぐらいで陽があったが、早起きしたし流石に疲れたので、横になって寝てしまった。
そして目が覚めた時には晩飯の時間になっていた。

Deuter スピードライト16

普段使いのバックパックを更新した。
画像左が新しく買った、Deuter スピードライト16
画像右が今まで使ってた、Deuter スピードライト15
P9184359.jpg

P9184360.jpg
どちらも海外通販で4千円台での購入。
今まで使ってたスピードライト15はこのシリーズの初代で、この後マイナーチェンジを繰り返して販売を続けている。
初代は10lと15lの2モデルのバリエーションしかなかったが、最新型では12lから32lまで7モデルで展開されているので、人気のあるシリーズのようだ。
その間に細部が色々と改良されてて、最新型はバッグの四隅と中央下部にループがあって、カナビラ等を引っ掛けられるようになった。
ワンズポケット(サイドポケット)の形状が変更され、ペットボトルや水筒を入れた時に落ちづらくなった。
小物を入れるポケットが大きくなり、スマホと財布が余裕で入るようになった(実はこれが購入理由)。
P9184365.jpg

P9184366.jpg

ここまでは良くなった所、微妙になった所はベルトやジッパー部のフィンガーループや吊り手が軽量化の為に小さくなった事。
P9184362.jpg

P9184361.jpg
ベルトは許容範囲だがフィンガーループや吊り手は元の大きさの方が使い易かったので、小さくしないで欲しかった。
これで初代はウエストベルトを外した状態で実測370gだったのに対して、最新型は最初からウエストベルトが無くて実測350gだった。
悪い所も書いたが長年続いてるシリーズだけあって完成度は高い。
海外通販だと探せば安い所があるし、国内でもアウトドアショップの処分品コーナーに置かれる事があるので、そういう風にして買えばお買い得で使い勝手の良い品だ。

ついでなのでツーリングの為に新規購入したリアラックを紹介しよう。
P8103302 (2)
ロードバイクに取り付け出来るリヤラック。
海外通販で他の物と一緒に買ったので、購入価格を忘れてしまったが、多分7500円ぐらいだったと思う。
今まで使ってた物があるのに何故これを買ったのかと言うと、ブレーキキャリパーの所に小さなアダプターを残して取り外す事が出来る為だ。
P8103301.jpg
今まで使ってた物はブレーキキャリパーを外さないと取り外す事が出来なかった。
ブレーキキャリパーを外して付け直すと、当然ホイールとの隙間の調整が必要になる。
これならその手間が省ける。
たったそれだけか?と思われるかもしれないが、輪行する時の手間がこれだけでも大分減る。
重量は実測501gで46g減。
しかしバッグ込みで10kgぐらいの荷物を積む時に使う物だから、正直この重量差は意味は無い。
今年の夏のツーリングはこのラックで行ってたが、実感でもそう感じる。

塩谷丸山登山

塩谷丸山は小樽駅の隣の塩谷駅から歩いて登れる山。
標高は629m。
初心者向けの登山コースという事で登ってみた。

駅から登山口までは1kmぐらい。
P8043226.jpg

P8043227.jpg

P8043229.jpg
無人駅で駅前から登山道までの間お店は無いので、食料も水も事前に用意しておいた方がいいだろう。
登山道に入ってからの道は幅は広く歩きづらい所も無い、まさに初心者向け。
途中で休みながらゆっくりと登った。
P8043230.jpg

P8043232.jpg

P8043235.jpg

P8043241.jpg

ここで今後のツーリングと登山の為に新しく買った靴の紹介。
アルペンのショップブランドのSOUTHFIELDのトレッキングシューズ(5134円)。
P8043245.jpg
実は樽前山に登った時に履いてた靴もSOUTHFIELDのトレッキングシューズ。
あっちはミドルカットでこちらはローカット。
機能的にはミドルカットの方が良いのだが、嵩張るのだけが問題だ。
僅かでもコンパクトになる方が自転車に積むには良いので、ローカットを新規購入した。
SOUTHFIELDのシューズは安いのにリールアジャストなのが良い。
リールアジャストはちょい履きする時に楽だ。
キャンプ場に居留してる時にこの楽さが生きる。
本格的に歩く時は紐でもリールアジャストでも差は無いと思う。

登頂。
P8043254.jpg

P8043258.jpg 

見晴台という開けた場所に移動して休憩。
P8043264.jpg

P8043266.jpg
眼下の街は余市らしい。
崖の手前に広めの岩棚があったのでそこに陣取り、持ってきた補給食の大半を食べて寝そべって休んだ。
P8043267.jpg

その後下山。
駅前に戻ってきた所で8km歩いたぐらいみたいだが、足が疲れてガクガクする。
大分体力が落ちてるようだから、もっと体を動かして元に戻さないとダメだな。

次の電車が来るまで45分あるので駅前を少し散策して時間を潰した。
P8043280.jpg

P8043282.jpg

電車に乗って隣の小樽へ、昼飯を食べよう。
P8043284.jpg

鶏そうめん(450円)
P8043288.jpg
鶏出汁が美味しい。
中老年向けの食べ物だが、これ見て食べたいと思った人は頼んで損は無い。

ザンギカレー(700円)
P8043290.jpg
なるとは若鶏の半身揚げが有名だが、メニュー上でそれと並んで推してるのがザンギ。
まずザンギだけで食べてみると、なるほど美味しい。
スライスしてないザンギを頼んでかぶりつきたくなった。
次にカレーを食べてみると、ちゃんと自家製で多分鶏出汁ベースで作ってると思われる。
割とスパイシーで悪くない。
なると本店は半身揚げ以外のメニューも食べてみる価値がある事が解ったので、次はまた違う物を食べにやってこよう。

なると本店を出た後はデザートを食べたくなったので、ル・キャトリエムの2Fのカフェに入った。
P8043291.jpg

アッサム(650円)
P8043292.jpg

ケーキ2個(ドリンクと一緒で600円、ケーキ1個だと300円)
P8043293.jpg
1Fで売ってるケーキを食べられるのだが、カフェでドリンクとセットにすると値段が安い。
運河沿いの景色の良い所にある店で、その割にはお客さんが多くないので、小樽の穴場だ。

今年試した花粉所の薬

Dezlorid(デザレックスジェネリック)
有効成分デスロラタジンを含む薬。
デスロラタジンはロラタジンの活性代謝物(ロラタジンは最近市販薬になったクラリチンの有効成分)。
活性代謝物とは、ロラタジンを飲むと肝臓でデスロラタジンに作り替えられるという事で、デスロラタジンになってから初めて花粉症に効果を発揮する。
それを最初から効果を発揮する形で薬にしたので、早く効いてロラタジンの半分の量で同等の効果を発揮すると、良い事尽くめ。
実際に飲んだ感じも上に同じ。
デスロラタジンもロラタジンも眠気等の副作用がほぼ無いので、現在メインで飲んでる。

IF2点眼液
有効成分オロパタジン塩酸塩。
去年マリンアイALGを使ってみたら、目の痒みが大幅に抑えられて良かったので、今年は医薬品になるIF2を使ってみた。
IF2はマリンアイALGに比べて効き目が2倍長持ちする感じだ。
マリンアイALGだと一日4~5回は注すけど、IF2だと2~3回。
しかし抗ヒスタミン成分のみのIF2と違って、消炎成分も入ってるマリンアイALGの方が、注してすぐに痒みが無くなる。
マリンアイALGは薬局でも売ってるし、通販で探せば可也安く買える。
個人輸入で買うIF2とマリンアイALGの通販だと価格差3倍以上。
総合ではどちらが上とも言えない、ニーズに合わせて選ぶべきだろう。

ベコナーゼ点鼻薬
花粉症用の目薬が良かったので、今年は点鼻薬も使ってみた。
有効成分ベクロメタゾンプロピオン酸エステル。
ナザールのジェネリックに当たるようだ。
鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、に加えて、くしゃみにも効果があると書いてあったのでこれにしたが、後で調べたらステロイド系だった。
なので使用期間に制限がある。
(ステロイドを長期使用すると逆に症状を重くしてしまう副作用がある)
でも一本しか買ってないし、花粉症の時期しか使わないからまあいいか。
試しにくしゃみが止まらなくなった時に一回使ってみたら、思ったよりも効かない(笑)。
直ぐに効くとなってる割には、注してから1時間後ぐらいに症状が和らぐ感じ。
多分鼻がムズムズすると感じる日に予め注しておかないと、症状を抑える事は出来なさそうだ。

Smarti(ルパフィンジェネリック)
有効成ルパタジンを含む薬。
ルパタジンは最新の花粉症用の薬。
抗ヒスタミン作用に加えて、抗PAF作用がある。
抗PAF作用とは、くしゃみ、鼻水、鼻閉等の症状を抑える効果。
ルパフィンは早く効いて、効果が1日中持つ。
ただし眠気が出る頻度は高い。
体内に入ると代謝されてデスロラタジンに変化するので、途中からは上で紹介したDezloridと同じ効き目のはず。
ロラタジンやデスロラタジンよりも効くという臨床結果はある。
最高血中濃度到達時間が0.9時間という速さから、急に症状が出た時の頓服薬という使い方が適してると思われる。
飲んでみた感想は、アレグラやクラリチンや後述のザイザルよりも効果はあるが、眠気や倦怠感もある。
痒みやくしゃみが収まるのが私に取ってはポイントが高い。
効果が高い分副作用も多いタイプと感じた。

Crebros(ザイザルジェネリック)
ついでなので2年前の記事で紹介したけど効果の程を書いてなかったこれも再度紹介。
有効成分はレボセチリジン塩酸塩。
花粉症の薬としては一番効く方にランクされてる薬。
飲んでみると確かに鼻水は止まるが、くしゃみや目の痒みが収まらない。
その点ではアレグラやロラタジン系に劣る感じ。
なのでどうにも自分とは相性が悪い薬と感じて、全部使ってお終い。
去年からはメインをロラタジン系にした次第だ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR