小樽散策

先週は晴れてたけど自転車に乗る気にならず。
小樽駅の中にある立ち食い寿司の伊勢鮨で食べたくなったので、小樽に行った。
おまかせ8貫(1800円)
IMG_20180512_125733.jpg

IMG_20180512_130005.jpg

IMG_20180512_130209.jpg

IMG_20180512_130415.jpg
ああ美味しい。
追加でツブとシャコを注文。
IMG_20180512_130843.jpg
全部合わせて二千何百円。
この値段でこの味で文句を付ける所は無い。
寿司屋通りの適当な店に入るよりも、ここで食べる方がお勧めだ。

寿司を食べた後は小樽公園の方に歩く。
IMG_20180512_133006.jpg

ミルク・プラント
IMG_20180512_133445.jpg
テレビで紹介されて初めて知ったが、小樽でソフトクリームで有名な店だそうだ。
となれば行くしかないと、前回小樽に来た時にも立ち寄ったが、その時は期間外で閉まっていた。
バニラ(270円)
IMG_20180512_133900.jpg
味は正直特別美味しいという程でもない。
どうやらニューヨークジャンボという大きなサイズに人気があるようだ。
バニラとは別に北海道ミルクという味があるので、夏頃にもう一回食べにくるか。

その後はルタオ本店の喫茶室でショコラの誘惑セット(1300円)
IMG_20180512_142635.jpg 
何時もパトスに入ってて、本店の喫茶室には一度も入った事が無かったので入ってみたが、パトスの方がいいかな。
レトロな雰囲気が好きならこちらでもいいけど。

旧手宮線を横切って小樽駅に戻り、帰った。
IMG_20180512_150908.jpg


平岡公園の梅

IMG_20180505_153341.jpg

IMG_20180505_153447 (2)

IMG_20180505_155115.jpg

IMG_20180505_154215 (2)

IMG_20180505_153924.jpg

IMG_20180505_155408 (2)

今年試した花粉所の薬

Dezlorid(デザレックスジェネリック)
有効成分デスロラタジンを含む薬。
デスロラタジンはロラタジンの活性代謝物(ロラタジンは最近市販薬になったクラリチンの有効成分)。
活性代謝物とは、ロラタジンを飲むと肝臓でデスロラタジンに作り替えられるという事で、デスロラタジンになってから初めて花粉症に効果を発揮する。
それを最初から効果を発揮する形で薬にしたので、早く効いてロラタジンの半分の量で同等の効果を発揮すると、良い事尽くめ。
実際に飲んだ感じも上に同じ。
デスロラタジンもロラタジンも眠気等の副作用がほぼ無いので、現在メインで飲んでる。

IF2点眼液
有効成分オロパタジン塩酸塩。
去年マリンアイALGを使ってみたら、目の痒みが大幅に抑えられて良かったので、今年は医薬品になるIF2を使ってみた。
IF2はマリンアイALGに比べて効き目が2倍長持ちする感じだ。
マリンアイALGだと一日4~5回は注すけど、IF2だと2~3回。
しかし抗ヒスタミン成分のみのIF2と違って、消炎成分も入ってるマリンアイALGの方が、注してすぐに痒みが無くなる。
マリンアイALGは薬局でも売ってるし、通販で探せば可也安く買える。
個人輸入で買うIF2とマリンアイALGの通販だと価格差3倍以上。
総合ではどちらが上とも言えない、ニーズに合わせて選ぶべきだろう。

ベコナーゼ点鼻薬
花粉症用の目薬が良かったので、今年は点鼻薬も使ってみた。
有効成分ベクロメタゾンプロピオン酸エステル。
ナザールのジェネリックに当たるようだ。
鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、に加えて、くしゃみにも効果があると書いてあったのでこれにしたが、後で調べたらステロイド系だった。
なので使用期間に制限がある。
(ステロイドを長期使用すると逆に症状を重くしてしまう副作用がある)
でも一本しか買ってないし、花粉症の時期しか使わないからまあいいか。
試しにくしゃみが止まらなくなった時に一回使ってみたら、思ったよりも効かない(笑)。
直ぐに効くとなってる割には、注してから1時間後ぐらいに症状が和らぐ感じ。
多分鼻がムズムズすると感じる日に予め注しておかないと、症状を抑える事は出来なさそうだ。

Smarti(ルパフィンジェネリック)
有効成ルパタジンを含む薬。
ルパタジンは最新の花粉症用の薬。
抗ヒスタミン作用に加えて、抗PAF作用がある。
抗PAF作用とは、くしゃみ、鼻水、鼻閉等の症状を抑える効果。
ルパフィンは早く効いて、効果が1日中持つ。
ただし眠気が出る頻度は高い。
体内に入ると代謝されてデスロラタジンに変化するので、途中からは上で紹介したDezloridと同じ効き目のはず。
ロラタジンやデスロラタジンよりも効くという臨床結果はある。
最高血中濃度到達時間が0.9時間という速さから、急に症状が出た時の頓服薬という使い方が適してると思われる。
飲んでみた感想は、アレグラやクラリチンや後述のザイザルよりも効果はあるが、眠気や倦怠感もある。
痒みやくしゃみが収まるのが私に取ってはポイントが高い。
効果が高い分副作用も多いタイプと感じた。

Crebros(ザイザルジェネリック)
ついでなので2年前の記事で紹介したけど効果の程を書いてなかったこれも再度紹介。
有効成分はレボセチリジン塩酸塩。
花粉症の薬としては一番効く方にランクされてる薬。
飲んでみると確かに鼻水は止まるが、くしゃみや目の痒みが収まらない。
その点ではアレグラやロラタジン系に劣る感じ。
なのでどうにも自分とは相性が悪い薬と感じて、全部使ってお終い。
去年からはメインをロラタジン系にした次第だ。

春別とパスコロリベンジ

今日は最高気温20度で晴れてる。
P4292835.jpg
しかし風が強く、追い風になるのは小樽方面だけ。
そうだ前回銭函で見つけた店に行くか。

P4292839.jpg
少し前におにぎりあたためますかで紹介された店。
入ってみたら混んでたので人気店のようだ。
つぶこんそば(時価、この日は1200円)と小豚天丼(400円)
P4292841.jpg
蕎麦は普通盛りだけど他所の店の大盛り位の量、小豚天丼もボリュームがある。
つぶこんは画像上のナマコみたいな物だ。
リンク先のホームページの説明を見た方が何か分ると思う。
食べた感じ面白い味だけど、是が非でも食べるべき物という程ではない位。
多分暖かいお蕎麦の上に乗ってる方が美味しく食べられると思う。
単純に蕎麦屋としてはお勧め出来る店だ。

予想外にボリュームのあった蕎麦を食べた後はパスコロに移動。
前回回避したカップのトリプルを食べるのが目的だ。
P4292847.jpg
良く店内を見たら、ヤバイ盛り方をしてるのが写真で説明してあった。
本当にこれで来るので、ここに初めて行く方は覚悟して行くべきだ。
カップトリプル(530円)
P4292850 (2)
比較する物が無いと判りずらいから、私のこぶしと比較。
P4292851.jpg
一人で食べきれる量か?
いや食べるんですけど。
P4292852.jpg
量に目を奪われるが味もなかなか良いし、この量なら値段も安い。
札幌小樽間では一押しのアイス屋だ。

ついでに、
またウイスキーを買いました。
ジョニーウォーカー グリーンラベル。
P4252834.jpg
15年物になるらしい。
味はマイルドで落ち着いてる。
美味しいが、大人しいので、人によっては物足りなく感じるかもしれない。
色んなウイスキーを飲んで味の判るようになってから飲むべきウイスキーだ。

メインPC更新とバリカン更新

Ryzenの新シリーズが販売されるのに合わせて、安くなった旧シリーズを購入。
P4222815.jpg
Crucial CT2K8G4DFS8266 (DDR4-2666 8GB×2)
楽天で買った店の分だけポイントバックが上がるというセールで買ったので、正確な購入額は判らないが、実質5万円を切ってるはず。
マザーボードにPRIME B350-PLUSを選んだ理由は、PCIがあるのとSATAが6つある事だ。
この条件に該当するマザーがもう一つ合って、ASUS PRIME X370-Aがそれ。
何が違うのかよく判らなくて調べたら、グラフィックボードを2つ乗せるならX370-Aが良い。
B350-PLUSはM2を乗せるとSATAが4つしか使えない。
X370-AはM2を乗せてもSATAが6つとも使える。
が実質的な違いだった。
この差なら私にはB350-PLUSで十分だ。

マザーボードにCPUとメモリーを乗せた所、
P4222817.jpg

交換して外した今までのシステム
P4222818 (2)
GA-Z87X-UD3Hは処分価格になってて安く買ったが、本質的にはこちらの方が高級なボードなのが判る。
ヒートシンクが大きいし、基盤の上に色々乗っててごちゃごちゃしてる。
LANチップもオーディオチップも高級品だ。
だが今ではどちらも不要になった。
オーディオはUSB DACを使ってるし、LAN経由で動画再生する事も無くなった。
というかRealtekのLANチップでも昔のように引っかかる事もなく、安定するのが現状だ。
IntelのLANチップとの差が大きかったのも今は昔の話。
少なくとも今では体感で差を感じる差は無い。

ケースに組み込んだ所、
P4222821.jpg
OSの再インストールはせずにそのまま起動した所、最初に長めのシステム更新があったが、無事立ち上がった。
トラブル無しかな?と思ったが、2つトラブルがあった。
1つはSpeedFanが温度を検知出来なくなってた。
そういえば昔からSpeedFanはAMDへの対応が悪かった。
これはASUSマザーのファンコントロール機能が充実していて、CPUとマザーボードの温度を基準にコントロール出来たので、調整して何とか妥当な動作をする所まで追い込めた。
もう1つは暫く使ってから表面化したが、SSDのディスク使用率が100%に張り付いて、数秒PCが固まってしまうという不具合だ。
ネットで検索を掛けるとWindows10からこの問題に遭遇した人が増えたようで、解決方法が沢山出てきた。
結果的には以下の2つの設定変更で治った。
こちらのAPM問題/LPMが発生していないか?の解決方法
こちらの方法1. StorAHCI.sysドライバーを修正
LPMはIntelRSTドライバーを入れると有効になるのだそうだ。
私は過去に入れた事があり、今回のシステム変更でIntelRSTドライバが無効になり、標準ドライバーに変わった事で問題が発生したのだと思われる。
StorAHCI.sysドライバーの修正は、やった方が100%に張り付いた後の復帰が確実に速くなった。
ただ1つ目の修正をすれば、体感的には元に戻ったので、やらなくても良いかもしれない。
このブログに検索で来た人の為にもう一つの有効な方法として、残しておく。
1つ目をやっても元に戻らなかったら試してみるといいです。

さてトラブルが解決した後の使い勝手だが、処理が重い事をすると確実に前よりも速く終わる。
ほぼGPU処理のmadVRを使った動画再生でも若干処理速度に差が出る。
ブラウザ操作のような軽い処理でも何故か前よりもサクサク動くように感じる。
メモリが倍になったので、わざとChromeでタブを沢山開いても、メモリを使い切らない。
全然CPUが熱くならない。
等と意外と差を感じる事が出来た。
Ryzenの評判の良さは十分に理解出来た。
暫くはこのシステムでやっていけそうだ。

ついでに、バリカン更新。
左が新しく買った、フィリップス ヘアカッター HC7462/15(4450円ぐらいで買えた計算)
右は比較用の今まで使ってた、パナソニック ER-GS40(多分3600円ぐらい)
P4212813.jpg P4212814.jpg
頭は6年前から自分で刈ってる。
最初はホームセンターで1000円ぐらいで買った安い電池式バリカン。
北海道に来る時にそれを捨ててきたので、こちらで新しく買ったのがパナソニック ER-GS40。
これは使いやすくて良かったが、他のも使ってみたくなって、今回新しく購入。
これにした理由はバッテリーがリチウムイオンで充電時間が1時間と短いのが理由。
そして割に安い。
実物を見てまず思ったのがでかい。
充電して使ってみると、パナソニックとは刈れる角度が違ってて、慣れないと全然刈れない。
刈れるようになると、刃の切れ味がER-GS40よりも良いのが判る。
ER-GS40の刃は1年ぐらいで全然切れなくなって交換になる。
HC7642/15は自動研磨で刃は交換しない(補修部品で買えるとは思うが)。
もしこの切れ味が1年以上持つなら、ランニングコストでコスパは逆転する。
ただし軽くて小さくて使いやすいのはER-GS40の方なので、人に勧めるならER-GS40の方か。
HC7642/15は刈り高さの調節が細かくて範囲も広いのがいいが、この製品は人に刈って貰う用だと思う。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR